肌弱い脱毛の対策方法

肌が弱い方にとって脱毛は過酷と言えます。
脱毛を自分でする場合は、粘着シートや脱毛クリーム、
毛を抜き取る専用シェーバーなどを利用することになりますが、
そのどれもが肌にかなりのダメージを与えてしまいます。
本当はサロンを利用する事をすすめますが、自己処理する時の対策方法です。

しっかり対策して施術しないと肌荒れや炎症の原因となる

そのため、しっかりとした対策を行ってから施術しなければ
肌荒れや炎症などの原因となってしまいます。
肌荒れや炎症を防ぐためには、まずは正しい脱毛方法を身につけるようにしましょう。

毛を抜き取る専用のシェーバーを利用する

基本的に皮膚などに負担をかけないで処理するためには
毛を抜き取る専用シェーバーを利用すると良いでしょう。
これは、脱毛クリームや粘着シートは皮膚全体に負担がかかりますが、
毛を抜き取るタイプの専用シェーバーは毛の周辺の皮膚だけに
負担を抑えることができるのです。

体温が上がり毛穴が広がるときが使用するタイミング

まずは、毛を抜き取るタイプの専用シェーバーを使用するタイミングですが、
お風呂などの体温が上がり毛穴が広がるときに使用するのが良いでしょう。

湯船に浸かり毛穴を広げる

まずはお風呂の湯船に浸かり身体の毛穴を広げます。
そして、ジェルのような刺激のない潤滑剤を処理する箇所に塗り、
そして毛を抜き取るタイプの専用シェーバーを使用して処理していきます。

このような前処理をするだけで、刺激をかなり抑えることができ、
皮膚への負担を軽減させることが出来ます。